脳炎・自己免疫性疾患

脳や脊髄などの中枢神経系に、炎症や腫れを起こす疾患として脳炎・脳症、脊髄炎が重要です。神経内科は、集中治療科や放射線科と協力して診断と治療を積極的に行っています。

自己免疫による疾患としては、ラスムッセン症候群、急性散在性脳脊髄炎、オプソクロヌスーミオクロヌス症候群、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性末梢神経炎、重症筋無力症などがあります。これらに対しては種々の免疫抑制療法(免疫抑制剤、血漿交換、内視鏡的胸腺摘出など)を組み合わせて治療を行います。

  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー
  • バナー